働く際に裁量権がないとストレスが大きいという話は真実だと思う。事実、いまわたしは経営者として毎日働かざるを得ない状況だけど、過労死することは無い気がする(身体は壊すかもしれないけど)

一方で。自由とは作り出すものだと思う。森 博嗣氏が『自由をつくる自在に生きる』という書籍をだしているが、まさにこの書名とおりであり、裁量権のない立場でも自由をつくることはできる。

そして万人に等しく与えられた自由が「考える」ということ。
考えることだけは、誰にも邪魔することができないし、邪魔される心配はない。

仕事でストレスを感じるときは、徹底的に「考える」という行為にこだわり、考え続けていくのがよい。
 
経営者など裁量があればあるほど、彼らは考えている。ひとときも休むことなく。

経営者と同じ視点に立ってみようとするだけで、ストレスがワクワクにかわることもある。 
立場なんてたまたまそのときの巡りあわせで決まったものにすぎない。

裁量権がないと嘆くのではなく、裁量権があるひとと同じように働こう。
きっとできる。