常々「人は誰でも成長する」という想いをもっている。
自分自身も年齢に関係なく、いつでも貪欲に吸収しながら人生を歩んでいきたいと思っているし、他の人に対しても、どんなひとでもいつでも変わることができると期待しているし信じている。

従業員をもつようになり、とても嬉しいのが、そのひとがスキルアップをしたり、それまでできていなかったことができるようになったりしていたとき。

ともすると「何度教えても同じミスをする」とかいう状況で心が折れてしまいそうになることもある。
そんなときは学生時代のアルバイトでのエピソードが頭に浮かぶのだ。

わたしがあとから入ったアルバイトを教育するポジションに就いたときのこと、ある後輩が「普段はそつなく業務をこなせるのに、注文が重なる時間帯だけ、頭が混乱した状態になる」ということが続いていた。すべてを同時に作業をすることはできないので、ひとつひとつ順番に(ただし同時にできるものは並行して)作業をするだけなのだが、はたからみて不思議なほど混乱してしまう。
わたしと同じ立場のだれがそばについてもそのような状態がつづいていて、誰しもが「ああ、このひとにはピークの時間帯を任せるのは難しい」と考えていた。
しかしある日いっしょに入ったところ、その日はなぜか人が変わったように、普段通りの業務を行っていて、一切混乱した様子を見せなかった。

これにわたしはひどく驚き、チームの情報共有をしているノートにそのときの状況を書き綴った。
次の日は、別のひとがついたのだが、 同じように混乱した様子は見せなかったとノートに書いていた。

要は、彼は「掴んだ」のだと思う。
どこにスイッチがあったのかは、今になってもまだ分かってないのだけど、ひとつだけ確かなのは、掴んだ前後に(外見的には)何も変化がなかったということだ。

なんども同じことを教えなくてはいけない人であっても、ある日突然生まれ変わったかのように「できる」ひとになることがある。

Co-Edoのある女性スタッフが、同じように「掴んだ」ようだ。
Co-Edoに関わる期間は限られているものの、どこまで成長してくれるか、いま一番楽しみなことのひとつだ。