2度目の人狼ゲーム


📅 2021-11-25

先日 はじめての人狼 に続いて、人生2度目の人狼をプレイしました。

レギュレーションは前回と同様。
14人で人狼3人+狂人ひとり。役職者は預言者・霊媒師・ボディーガード。
いわゆるアルティメット人狼のルールで、違いは投票時の役職カミングアウトだけ無し。

今回ははじめに人狼スクールらしく参加者に対して個別の課題が提示されました。
課題は「簡潔に話す」とか「主張をする」とか「味方を増やす」とか。
僕は「自分の行動を説明できるようにしておく」など何点か。

役職:村人

今回の役職は無し。
役職のない村人が半数なので、まあ確率からいっても妥当なところ。
役職はGMが指定している可能性も考えていたけど、それもなさそうでした。

結論から言うと、この日は「間違え続ける村人」として生存し続けました。
毎晩「 襲撃 されるかな🤔」と思いながら朝を迎えましたが完全に杞憂でした。

ちなみに杞憂とは「昔、ある中国の偉人が、天が落ちてくるのを心配した」故事が語源の取り越し苦労の意味。まさに天が落ちてくることを心配するかのごとくいらぬ心配です。もっと強くなれと中国の偉人も言っている気がします。

以下、プレイの内容と自分なりの疑問点を整理していきますが、当然この僕が記憶をもとに書くことは不可能で、GMによる録画をありがたく視聴しながら書いています。
(人狼スクールはこの録画での振り返りができるのが利点で、僕の参加しているクラスでは自主的に、後日みんなで一緒に録画を見返しつつ「あのときどう考えていたか」などを話す時間を作っています)

前回も書きましたが、経験者の方は「あーそんなころもあったなあ」なんて温かい目で読み進めてくださいね!

初日の議論時間

今回のGMは なおき さん。スクールではじめてお会いした方(動画等でも見たことのなかった方)ですが、優しさが表情にはっきりと出ている先生です。
そのなおきさんの「初日の議論スタートしてくださーい」の掛け声で議論開始です。

前回のゲーム後「専門用語を使いすぎると、見ている人やほかの人に伝わらない可能性があるから言い換えられるようにする」と、スクールの趣旨である「楽しむため」の課題をもらったのですが、ひとりから「〜〜さん〜〜さん〜〜さんが『白い』と思います」とさっそく専門用語が?!

なんとなく「わざと言った感」が出ていたのですが、案の定「あ、着ている服の色の話です。人間っぽいときは("白い"ではなく)『人間っぽい』と言います」と冗談だと表明。
こんかいも冒頭から一気に場が和みます。

それに乗っかったり乗っからなかったりしつつ、別の方から「作戦」の提示が。
みんなで村人っぽいひとを4人あげ、最後の票(11番目以降)を持つのはどうかと。
最初に「白い」と冗談を言った人を含めて(何人かから村人だろうと言われた)候補がふたりほどあがります。

(人狼陣営に有利に働きかねないので)反対する人もいましたが、僕自身は「ふたりが村人っぽいひとをふたりずつ指定する」なら良いかなと思い、それを発言しました。
タイミング的に「ほかのひとにしようか」という感じだったこともあり、あまり伝わらなかったようで残念だったのですが、「村人っぽく思われたひとが村人っぽいひとを指定する」っていうのはありかと思うのですが、どうなんでしょうかね。教えてほしいです。

その後、預言者と名乗り出たひとがひとり。直後に預言者と出てきた人がひとり。
そして、少し遅れて作戦を提示した人も預言者と名乗り出て、3人カミングアウトした状態で進行します。

なんとなく預言者から投票しそうな流れにもなりつつ、そうじゃない人もいそうな展開。
最後議論終了直前にひとりが霊媒師と名乗り出て投票タイムに。

役職者の状況

預言者① 初日から人間と知っているひとは冒頭「服が白い」と言ったひと
預言者② 初日から人間と知っているひとは預言者①とは別のひと
預言者③ ワンテンポ遅れて名乗り出た。初日から人間と知っているひとは預言者①と同じ
霊媒師  名乗り出た直後に議論時間終了

初日の投票

霊媒師はいったん本物とみて良いかなと思います。直後に時間がきたので対抗のひとが名乗り出ることはできず、投票時も同様ですが、人狼陣営から霊媒師を無理に名乗る流れではなさそうでしたので。

全体的な投票が 預言者③ > 預言者② で集まります。
投票時にさほど3人の誰が本物っぽいかというのはなく、純粋に「名乗り出かた」くらいの差しかなかったと思います。
(初日から人間と知っているひとが①と③は同じでした)

たしかに作戦を提示したにもかかわらずワンテンポ遅れて名乗り出た預言者③がもっとも怪しかったのは同意ですが、本物じゃないと言い切れるほどとは思えませんでした。
3人目ということもあり(人狼が名乗り出てることが明白なため)狂人っぽくないかなと思って、本物/人狼の線を基本に推理します。

人狼が3人目に出た場合、①と②のどちらが狂人もありそうな気がします。
本物の場合も、やはりどのパターンもありそうです。
とすると組み合わせは。

①本物 ②狂人 ③人狼
①狂人 ②本物 ③人狼
①人狼 ②狂人 ③本物
①狂人 ②人狼 ③本物

の組み合わせになります。
狂人だった場合の可能性は明日以降で考えることにします。

これで預言者③に票が集まるということは、どういうことなんでしょうね。
さっぱり分かりません。🤔

もたもたしてるとまた後ろの方になってしまうので、③と②が2票ずつ集めているときに、まったく票をもらっていない預言者①に投票します。

①と③が初日に人間と知っているひとは、最初に「白い」という冗談を言って多くの人から村人っぽく思われていた人です。
人狼や狂人があえてそう言って「本物っぽくみせた」可能性も考えられると思いました。

その後ひとりから(投票はされませんでしたが)疑っていると言われます。
その時点で①3票、②3票、③5票、という票数。
僕を疑った人は預言者②投票です。

僕が疑われた理由は、恐らく預言者①への1票目を入れたことでしょう。
実際その後2票入り、ほかのひとと並びましたし。
結果的には預言者③への投票が重なり、3票・4票・7票となりました。

最終票は霊媒師と名乗り出た方。
「預言者③に集まる流れでしたか?」という発言で、やはり似た印象を持っていたようです。

預言者③を 処刑 して2日目へ。

怖い言葉について

人狼ゲームはそのルール上 処刑 とか 襲撃 とか怖い言葉が多いですよね。
スクールの課題の「専門用語の言い換え」を考える際に、怖い言葉についても考慮しているという意見がありなるほどなと。

ルールというか世界観を変えることで使われる言葉を変えている例もあります。
ベイビーウルフの動画を見ると 処刑 ではなく 転校 という言葉を使っています。
また、対人狼ではなく、対AIとすることで、血生臭さを回避しているひともいると聞きます。

個人的には、戦うイメージ自体を回避できるとなおいいなと思っています。
たとえばスパイが紛れている会社の新入社員による会議。スパイだと思うひとを推理し投票し、最多票のひとが 転勤 となる。スパイにより指定されたひとは 左遷 されるような。
スパイの会社を 人狼エージェンシー のような名前にすれば人狼という言葉はそのまま使えます。
役職は適当に 人事部 とか当てていくと良さそうです。

とりあえず記事内の表記はすべて 処刑, 襲撃 のように表記することにしました。

2日目の議論時間

GM なおきさんの「昨日人狼に 襲撃 された方は〜〜さん(霊媒師を名乗った方)になります」との発言で始まる朝。

どうやらボディガードの護衛は別の人だったようです。
人狼が 襲撃 したということは(少なくとも)人狼ではないことから、本物か狂人。預言者にふたり偽物が混ざっていることから、どちらも人狼でない限りは霊媒師は本物です。

基本的に本物の霊媒師だったという前提で進めてよい場面でしょう。
ここでつぎの推理が成り立ちます。

  1. 初日に 処刑 された預言者③が人狼で、その結果で確定させたくなかった
  2. 初日に 処刑 された預言者③は人狼ではないが、2日目以降に人狼結果が出てほしくないため、護衛されたとしても2日目までに確実に襲撃しようと考えた
  3. その他(今回は考えない)

「1の可能性が高いけどそうとは限らない」というのが僕の基本線です。
2の可能性を考えないのは、預言者③を人狼にしたいひとということで、人狼陣営という推理も成り立ちます。
霊媒師を失った(可能性が高い)ということは、残りの人狼数が不明確なまま進めるということで、考慮する必要のあるパターンが増えそうです。

預言者の結果は、預言者②が初日ふたりから人間と言われているひとを占って「人間」で、預言者①が僕を占って人間と伝えます。

僕への占い理由は、預言者①に3票入れたうちのひとりで、僕をひとりが疑っていたことで、人狼結果だったらその方への疑いが晴れるから。

ひとりから「霊媒師 襲撃 の理由が、預言者③が人狼で、人狼仲間の票が預言者③に入ってないと素直に推理しているひと」の確認がありました。
ここでふたりが明確に手をあげます。

預言者③に投票した人は多かったので、それ以外に人狼がいるとしたら範囲は狭まります。
(僕も含まれています)

このあと「預言者に投票する意思があるか」の確認があり、一部預言者にはいかない(初日 処刑 は人狼だったと考えている)ひとがいる一方で、僕をはじめ5人ほど「預言者に投票する意思」を明確にしました。数人は態度を保留。

僕のなかでは人狼じゃなかった可能性も考えているので、預言者の2択でよいのではないかくらいに思っていました。

ひとりから「ほかのふたりの預言者ふたりが初日に人間と知っているひとを占って人間というのは、預言者②が人狼なら、霊媒師の 襲撃 が成功していることからなさそう」という話があり「預言者①には人狼の可能性があるので投票する可能性はある」という話がありました。

はい。僕のCPU速度では。すぐには意味が把握できません…
というわけで、じっくり考えてみたいと思います。

ぼくのかんがえたさいきょうのすいり

預言者②が人狼ならという仮定で。2日目朝の時点で確定していることとしてはつぎのことです。

  • 本物の霊媒師の 襲撃 が成功している
  • ほかのふたりの預言者(本物・狂人)が人間と言っているひとがいる(全体的にも村人と思われている)

「占うのであれば、人狼なら「人狼」というだろう」という意味と解釈できるのですが、そこの意図が認識できません。
(もちろん、もしくは「人狼なら他の人を占うだろう」という意味にも解釈できます)

霊媒師の 襲撃 が成功していることから、誰が本当は何だったのかという情報が後からであっても確認することができない。

確認できないから嘘をついて混乱させたほうがよいということでしょうか?ただそれだと「人狼であれば」が分からない。狂人でやっても良さそう?

人狼というということは、人狼と狂人がどちらも人狼仲間を人間と言った(いわゆる「人狼が人狼仲間を囲った」)という主張を、人狼の預言者②がすることになりそうです
初日の時点で人狼は狂人が誰か分からないので、預言者①が人狼仲間を人間と言ったことで狂人であることが人狼の預言者③に通じたというのがひとつ。もしくは、預言者①が人狼仲間に人間と言った人狼で、預言者③が同じ人を人間と言ったことで預言者③の狂人が確定したというのがひとつ。
「その主張ができるので、人狼と言うだろう」ということ?🤔

だとしても「人間とは言わないだろう」というのが、イメージできない…

まったく分かりません…

(反対に)人間ということにデメリットがあるかを考えてみます。
預言者といっているひと全員から人間と言われるということは、どの視点からであっても人間なので「人間確定」いわゆる確白となります。
この場合、そのひとの意見は大事にされやすいので、議論展開が人狼にとって不利になることはありそうです。しかし夜の 襲撃 先の筆頭候補になるのも間違いないでしょう(ボディガードの護衛先にもなりえますが)

いずれにせよ「無さそう」というイメージまでは持てません。このあたりが経験の違いということになるのでしょうか。それとも勘所の有無?

いろいろ考えた結果、それでもちょっとよく分からないので、どなたかぜひ教えてくださいー

2日目の投票

初っ端、いわゆる確白のひとが「初日預言者①に投票していたひと」のひとりに投票します。
(僕ではありません)

それに被せるように「預言者以外からの投票」を推していたひとが同じひとに投票。
別の人が、僕と同様に「初日預言者①に投票していたひと」に投票。
同じ投票をした人が疑われてます。

この時点でも僕にはその理由をあまり把握できてないどころか、そもそもそういう推理になる流れだということもそんなに分かってない…

まあ、いまになれば、初日 処刑 された預言者③が人狼ということであれば、そのさきの推理として分からないでもない。
とはいえ、そんなに明確かなあ🤔

その後、投票を入れられたひとと、預言者②が、預言者①に投票。
それをうけて、預言者①が、預言者②に入れ返します。
さらに、もうひとりの「初日に預言者①に投票していたひと」も預言者①に投票。

この時点で投票は

預言者①に3票
初日に預言者①に投票していたひと(僕以外のふたり)が、それぞれ2票と1票

です。
その後もうひとり預言者①に入れるひとがいて、僕の投票時点で預言者①が 処刑 される流れ。
その時点で2票のひとは、初日の投票が同じということもあり、そんなに人狼に見えてない。

投票時に「預言者③が人狼と確定している雰囲気」に異を唱えるひとはいるものの、投票は集まっていきます。
僕の投票時点で、預言者②には1票しか入っておらず、残り僕を含めて3人ということでそこに入れても、決選投票にしかならず、その可能性は低そう。かといって集まっているふたりにも入れる気がない。

意思表示の票ということで、あえて「1票も入っていない」ひと(預言者③を人狼確定と考えているひと)に投票します。
ほかのひとと推理が合わず、ちょっと困りました。
終了後「狂人じゃないかと思った」という発言があったのですが、ほんとうにそれくらい合わなかったです。
預言者同士なら預言者①に投票した可能性が高いのですが、預言者①と預言者①を疑っているひとの2択だと自分で決めるほどはどちらも疑ってなかったです。
強いていえば、預言者①に狂人っぽさも感じているというくらいでしょうか。

その後のふたりがどちらも「初日に預言者①に投票していたひと」に入れ、決選投票になりました。

最後に投票したひとの考察

この日最後に投票したのは、毎回考察に感心している方だったので、まとめておくと。

  • 本物が生きているとすれば預言者①だけど、人狼が生きている場合も預言者①だと思っている
  • 預言者②は(本物かどうかはともかく)「人狼ではない」と思っている
  • 僕が投票した「預言者③を人狼とみているひと」は預言者①とはつながらないし人間だと思っている

ふむ。理解が追いつきません(笑)

僕はこの時点で預言者については

  • 預言者①は本物か狂人
  • 預言者②は本物か人狼
  • 預言者③が狂人ではなさそうな気がする

と思ってしまっている結果、やっぱり預言者①は狂人っぽく映る。
発言内容から預言者①は本物にも見えるけど、僕を人狼だと思っている狂人にも見えてしまっていた(いま考えると、このことが推理を混迷させている原因でした)

預言者①に対する見え方がぜんぜん違っていましたね。
この辺も機会があればぜひ詳しく聞きたいところです。

決選投票は弁明で本物の預言者のようにみえた預言者①には僕を含めた3票しか入らず、終始僕と同じような意見を言っていた方が 処刑 されました。

3日目の議論

人狼の 襲撃 にあったのは、前日に「人間が確定していた方」

預言者②が「預言者③を人狼とみているひと」を「人狼」といい、カウンターで「ボディーガード」と名乗ります。
預言者①はそのやり取りのあと、僕と同じく「預言者③を人狼と確定するのは疑問」という意見を言ったひと(初日の投票で僕を疑っていたひと)を占い人間結果を伝えます。

ボディガードの対抗が出てきません。
ボディガードが人狼だとしたら、前日 襲撃 された確白のひとか、本物のひとが名乗り出ていないかのどちらか。
ボディガードが本物だとしたら、預言者②が偽物確定。
という感じでしょうか。

ボディガードと名乗った方からは「人狼がひとり 処刑 されているから(最後の人狼であることが知られるため)出てこれない」という意見。
これも僕にはそこまで確定しているという認識ではなかったです。

この「 処刑 されている」のは、2日目なのか、1日目なのか。
2日目だとして、彼の視点で確定しているのだろうか🤔
預言者①を仮に本物とした場合でも、確定してない気がするのだけどどうだろう。
預言者②が人狼に見えていて、決め打っているということだろうか。

3日目の投票

この日は、ボディガードを避け、預言者ふたりが投票対象となります。
とはいえ預言者②に集まり、僕が投票するまでには確定している状態です。
ほか全員が預言者②に入れている状況かつ確定している状況で預言者②に入れる意味合いを見出だせず、この日も預言者①へ。

あれ、これ預言者①にばっかり投票している…
そこまで偽物とは思ってないんだけど…

4日目の議論

ひとり村人が 襲撃 され残り8人です。

生き残っている預言者①が、初日に投票されたひとを占い人狼結果を伝えます。
人狼と言われたひとは、預言者①のほかボディガードを名乗っているひとも人狼確定と言います。

預言者①視点では仮に預言者にしか人狼がいなかった場合でも占い済みのひとがふたり残っていて、最後の人狼候補はひとりかふたり。

一方の人狼と言われた方が村人だとすると、預言者①とボディガードとあとひとりで、そこはまったく分からない(候補が多い)

4日目の投票

預言者①に投票が集まります。
僕も投票したのですが「狂人に見えている」と言っていて、いま考えると、この時点でどうしてそう思ってたか少し疑問。
とはいえ人狼にも見えないので「偽物だとすると」という発言だったのかも🤔
ジブンデモワカラナイ🤖

5日目の議論

ひとり 襲撃 されて村人が6人になります。
ボディガードが守れない場合で 処刑 回数はあと2回。

人狼がふたり残っていたら今日 処刑 できなければ終了となる可能性がある日。
人狼と言われているひとの場合は最後の人狼の可能性が半分くらいありそう。
ボディガードを名乗ったひとが人狼の場合は、最低もうひとりいる。

あれ、これ今考えたらそれなりにピンチだったのか。
決める日だとは思ってたけど、6人も画面にいて安心してたかも。

本来なら 処刑襲撃 にあったひとは Zoom の画面に出てこない設定にするのですが、この日は前週と別のパソコンだったこともありその設定をし忘れていて、そのあたりも影響してしまってそう。

ボディガードの精査をし、2日目に 襲撃 された方はボディガードじゃなさそうという意見にはなります。
しかし、それでも人狼側にボディガードを生かしておくメリットってあるのかな?って思っていました。
名乗り出た日はともかく、この日襲撃されててもおかしくなかったのではないかなと。

間違い続けていて生かされている気もなんとなくありましけど、とはいえ、村人側に潜伏している人狼がいそうな気もしている。
その場合、ボディガード 処刑 は外せない。

まあここまできたら自分の視点をくずさずいっていいかな。
間違うときは派手に間違おう。

5日目の投票

最後の方の投票はしたくなかったので、早めに入れたら、僕以外は人狼と言われているひとに入れる結果。
これで次の日くるとしたら、ボディガードが本物で、もうひとり人狼がいたパターンかな。

と思ったら「夜はやってきません」との声。

結果……

人狼全滅で村人側の勝利でした 😮

録画を見たら

最終日の護衛先は僕でした(笑)

これで万が一護衛成功して、ボディガードが守り先を僕といったとき、僕は信じたのでしょうか…
いやこれほんとうに分からない。
もう自分が信じられない。

いやあ勝ってよかった🤔

人狼陣営は…

初日に 処刑 された預言者③が狂人
2日目に決選投票のすえ 処刑 された村人が人狼
3日目に 処刑 された、預言者②が人狼
5日目に 処刑 された、預言者①に見つかったひとが人狼

という結果でした。
こんなの分からなーい。
なにこれ、みんなエスパーなの?🤔

全体を通して

うーん。個人的には、村に有利な推理がまったくできずに終わってしまいました。

村人陣営としては、潜伏していた人狼をひとり 処刑 できていて、本物の預言者が人狼を見つけたことで、5日目で終了となりました。
村人側で 処刑 されたのは結果的に預言者のみです。

僕のなかで人狼陣営のつながりがあまり見えてなかったなと思います。
結果的に、本物の預言者も本物のボディガードも、ほぼほぼ信じられずに過ごすという…
あと2週でしっかりと貢献できるように頑張ろう🕵️‍♂️

前回も今回も、初日にわりと多くの票が集まったうえで人狼陣営が 処刑 されています。
この日については、預言者を名乗った人狼以外の人狼はどちらも本物の預言者投票をしていますが、人狼陣営に集まっていますね。

このレギュレーションは、村側が非常に有利なのかもしれません。
13人の場合は人狼陣営が有利だと言われていますが、それでもそれは人狼が仲間同士で投票したりということをしてでしょう。

人狼陣営でプレイする場合は、狂人も含め、最後の人狼が絶対に見つからないような展開をつくるしかない気がしています。
自分が人狼陣営を引いた場合は…あまり自信がないです。
役職を名乗って、他の人狼の人に頑張ってもらうしかなさそう…

まあ失敗を恐れず思い切ってプレイするのみです。
がんばる。

Last Updated: 2021/11/25 3:02:32
Contributors: mon_sat