kohji.blog

妻も娘も愛している。
毎日仕事に励むのも、家族のためであり、それは常々言ってきた。

家事が少しでも楽になるよう食洗機を購入したし、引っ越しを機に、冷蔵庫とガステーブルを高性能なものに買い替えた。
引っ越し自体も、通学や通勤に良い住居に契約できるように、半年以上かけて尽力した。

なかなか休みをとれる体制が作れない引け目もあり、可能な限り家族には自由を与えている。
それでも。
家族であれば、信用というのは大事だと思う。
しばしば。
信頼関係を破壊する言葉が投げかけられる。

少し苦しいので、しばらく頑張ることができなそうだ。
申し訳ないけど分かってもらうしかない。ごめん。

今週末は札幌へ行くはずだった。
しかし前日になり荒天のため延期が決まる。

飛行機が苦手な僕はすこしほっとしたのだが、周囲から「残念でしたね」と声をかけられたので、たしかにこういう機会は少ないし、言われて残念感が溢れ出てきた。

やっぱり行きたかったな。

だけど。
Co-Edoのことを思うと、旅行等に行くことは軽々に決められない。
家族と一緒に、ほんの数回行っただけだ。
旅行がきっかけで体調を崩すわけにもいかないので、より体調管理に気を遣う。
自損であっても、車で事故をおこすわけにはいかないので、運転は慎重になる。
頭のなかから仕事のことを追い出すことも、なかなか難しかったりする。

はやく旅行に行けるような環境を構築せねば。

先日のこと。いつもの通勤の道すがら。

大通りから少しだけ入ったところにあるため、あまり車も人通りも多くない道。
車が2~3台すれ違えるほどの幅が広めの一方通行の車道と、その両脇にガードレールで仕切られた歩道。

歩道を、向こうから女子高生が歩いてきた。

トーストを食べている。
もう一度言うけど、トーストを食べていた。

当然、写真に収める勇気はなかったわけだけど
すれ違った直後に投稿したFacebookの投稿がこちら。




事実は漫画よりも奇なり 

このページのトップヘ